サイクル初心者

ポケモンシングルランクマッチの構築記事を投稿します。

【剣盾S28シングル】日ネクキュレム×トリックルーム[最高最終2012 -95位]

 

【はじめに】 

初めましての方は初めまして。かーぼんと申します。S28にてギリギリですが最終2桁に残れたので記事を書きたいと思います。

 最終日直前に作った構築なので、完成度はイマイチですが、軸自体に可能性は感じたので、誰かの参考になれば嬉しいです。

 

【並び】

 

【構築経緯】

 ザシアンと組まれている禁伝(カイオーガイベルタル、ジガルデなど)との撃ち合いに強いチョッキWキュレムが環境に刺さっていると感じ、構築を組みはじめた。

 次に、キュレムのダイアース(orダイバーン)+ゴツメダメージでザシアンが飛ぶことに着目し、ザシアンに受け出せるゴツメ持ちを検討。その結果、トリックルームを搭載したゴツメ日食ネクロズマがザシアンを削るだけでなく、トリルによってキュレムが暴れる状況をセットできる事に気づいたため採用し、以上2体を構築の軸とした。

 軸の2体で環境トップのザシオーガにサイクルを回す予定だったが、同時採用されやすいカバルドンが日ネク対面から崩してくる点、日ネクキュレム@1のサイクルが釣り交換に弱い点が気になったため、それらへの回答となる渦潮持ちのカプ・レヒレを採用。また、軸で厳しいウーラオスやポリ2への対策、イベルタルダイマターン枯らしの役割なども担ってもらった。

 続いて、Wキュレムの技を検討していると、シャドボを入れる技スぺが無いことに気づいたため、黒バド+ザシアンの対策枠を1体設けたいと考えた。そこで、日ネクと合わせてバドザシを崩しに行ける電磁波ポリゴン2を採用。

 ここまでで明らかにエースバーン、ウーラオス、鋼 (ナットレイテッカグヤ) を舐めていたので、まとめて対策できそう且つここまでの4体とのサイクル相性も良好なアッキサンダーを採用。

 最後に重たいヒヒダルマを対策でき、ザシアンを上から一発で持っていける、鋼に強い、スカーフ蜻蛉からクッションに引く動きを組み込める、といった様々な要素を持つスカーフエースバーンを採用して構築が完成した。

 

(参考)

・西中つきひさんの構築 (Hydrmatch 4th)

【ポケモン剣盾】HydrMatch 4th - YouTube

 

【コンセプト】

環境メタの攻めサイクル

 

【個体紹介】

Wキュレム@とつげきチョッキ

性格:控えめ 特性:ターボブレイズ

実数値:201(4)-x-111(4)-243(244)-146(204)-122(52)

技構成:フリーズドライ/だいちのちから/げんしのちから/ぜったいれいど

 

調整意図:

 S→S4振りサンダー抜き  D→臆病オーガの雨しおふきをほぼ3耐え

 C→ほぼ特化 (ゴツメ+ダイアースでHDザシアン(H199-D152)が68.7%の乱数1発、H振りだけなら確定1発)

 H→奇数、地球投げのダメージ意識  B→端数

 

 構築の軸。カイオーガイベルタル、ジガルデといった環境に多い禁伝にめちゃくちゃ強く、これらの禁伝に弱い日ネクと非常に相性が良い。ここまでDに振る事でカイオーガへの受け出しを始め、多くの特殊ポケモンに対して有利なサイクルを回すことができる。

 技構成は悩んだが、カイオーガやジガルデを考えると必須のフリーズドライ、厄介な数値受け (ポリゴン2、ラッキー、ハピナス) を突破する絶対零度、ザシオーガに一貫する打点となるだいちのちから、構築単位で重いホウオウを爆発させるげんしのちからを選択。ナットレイテッカグヤが環境に増えるようならクロスフレイムの採用も一考したいところ。

 環境にいる他のカイオーガ対策ポケモンと違って、相手の零度で崩壊しないことや、レヒレと合わせて雷麻痺運ゲに付き合わなくてすむことが非常にストレスフリーだった。日ネクにトリルがあるためSは最小限に抑えたが、相手のAS日ネクを抜きたい場面も多かったので調整は諸説。

 

日食ネクロズマゴツゴツメット

性格:腕白 特性:プリズムアーマー

実数値:204(252)-177-190(204)-x-136(52)-97

技構成:メテオドライブ/じしん/トリックルーム/つきのひかり

 

調整意図:

 HD→特化珠イベルタルの悪の波動を93.7%で耐え

 HB→特化ザシアンのインファイトを98.9%で2耐え

 

 ザシアンへ投げつけるクッション。単体でザシアンに有利なのは勿論、ゴツメの削りとトリルを合わせて、ザシアンとキュレムの有利不利を逆転させられるのが見えにくい勝ち筋として強力だった。トリックルームは何回かサイクルを回してから、終盤の詰めとして用いることが主な使い方だが、ウオノラゴンを対面突破するなどの面白い動きが出来るようになり、想像以上に恩恵が大きい技だと思いました。

 技構成はコンセプトのトリックルーム、クッションとして必須の回復技は確定。ラスト2ウエポンは重いゼルネアスへの対抗手段としてメテオドライブ、ザシアンやゼクロムディアルガ等に打つ地震とした。一応、ダイスチルやダイアースで要塞化する立ち回りもでき、ダイマの無いカイオーガ+ザシアンを倒すルートになり得たので間違っていなかったと思う。

 

カプ・レヒレ@たべのこし

性格:図太い 特性:ミストメイカ

実数値:177(252)-x-169(148)-115-150-119(108)

技構成:うずしお/ちょうはつ/しぜんのいかり/まもる

 

調整意図:

 S→龍舞ネクロなどを抜けそうなライン

 HB→あまり  (正直、あまり時間なかったので適当です…)

 

 軸の2体の禁伝と相性が抜群なポケモン。カバ・ラグやポリ2などの受けポケモンにテンポを取られないようにするため、うずしお怒り挑発で使用した。残り1枠はイベルタルがしんどいため、後出し→守るでダイマックスターンを強引に枯らせる守るにした。

(※守るの採用は葉桜杯の8luさんの試合を参考にしました→【ポケモン剣盾】第59回葉桜杯 - 決勝トーナメント - YouTube)

 また、ミストフィールドを貼ってキュレムをムゲンダイナのドラゴン技から守ることができるのも非常にシナジーが取れていた。

 

[追記]

後のシーズン(S29、30)ではSラインを準速オーガ抜きまで上げました。カイオーガを削れる他、ASネクロズマ、ジガルデ、遅いゼルネアスの展開阻止ができるので強かったです。

 

ポリゴン2@進化の輝石

性格:慎重 特性:アナライズ

実数値:191(244)-100-126(124)-x-146(140)-80

技構成:イカサマ/まるくなる/でんじは/じこさいせい

 

調整意図:

 HD→C222ディアルガの140ダイドラグーンを最高乱数2連以外耐え、C177珠サンダーのダイジェットを92.2%で2耐え、等

 HB→あまり。日ネク意識でなるべく高く。

 

 日ネクと合わせてバドザシ絡みに楽をして勝ちたいため採用。バドにポリ2を受け出した際にゴースト技や未来予知を撃たれていた場合、1ターンの余裕が生まれるため、受け出ししてくるザシアンに最も刺さる電磁波を採用した。ザシアンが麻痺した瞬間、Wキュレムの一貫が出来る。勿論、日ネクのトリックルーム+ポリ2の相性も良く、立ちまわりの幅を広げる事ができた。

 一応「まるくなる」をして相手の日ネクを見ようとしていたが、珠ダイスチルが受からなかったり、取り巻きのゼルネアスにボコボコされたりしたので、対日ネク軸はこの構築の大きな課題だと思います。

 配分はコレで特に困らなかったが、バドザシに同居しやすい控え目珠サンダーを考えるとHD特化の方が絶対に良い。

 

 

サンダー@アッキの実

性格:図太い 特性:静電気

実数値:197(252)-x-150(252)-145-110-121(4)

技構成:ほうでん/ぼうふう/みがわり/はねやすめ

 

 諸説枠1。相手のエースバーンとウーラオスが重すぎたため採用したが、刺さっていない構築も多く、選出が非常に窮屈だった。ザシアンに向かって静電気爆弾に成功すれば、キュレムの通りがめちゃくちゃ良くなる、というシナジーもあるにはあるが、それに期待するのもかなり微妙。

一応重いホウオウ+ナットレイに投げていて、そこそこ活躍はして正解だった気もするが、もっと良い枠が居る気もする。

 

 

 *キョダイマックス個体

エースバーン@こだわりスカーフ

性格:意地っ張り 特性:リベロ

実数値:155-184(252)-95-x-96(4)-171(252)

技構成:かえんボール/とびひざげり/とんぼがえり/こらえる

 

 諸説枠2。構築経緯でも書いた通り、色々な強い要素はあってこのポケモン自体は強かったが、構築単位でランドロスなどが重く結構負けたので、変えるべきかもしれない。

 シーズン最後の方に対ザシオーガにおいて、スカーフ蜻蛉からザシアンに対しては日ネク、カイオーガに対してはキュレムを投げる立ち回りが強いと気づいた為、次があるならスカーフ蜻蛉枠でそれなりの汎用性があり、重いポケモンへの対抗策となる駒 (水ウーラオスランドロスヒヒダルマなど) への変更を検討したいと思った。

 なお、技構成で1つ浮いている堪えるはダイウォール媒体で1番マシ(ダイマ枯らしとトリルターン管理にワンチャン使えそう)ってだけです。堪えるは生きなかったけど、ダイウォールは結構役に立ちました。

 

【結果】

tn ひかる 最終95位 (レート2012)

99勝64敗 (最終日:21勝10敗 勝率67.7%)

f:id:Carbon_poke:20220402091252j:plain

 

スペシャルサンクス】

構築一緒に考えてくれた濁10くん

 

【最後に】

3日前くらいに考え始めた突貫構築であったため不安ではありましたが、最終日は1842から2012まで一気にレートを伸ばすことが出来ました。

2000に乗せたところで、仕事に行く時間が来たので撤退してしまいましたが、軸自体にはもっと上に行けるポテンシャルがあったと思います。

一方で構築全体の完成度が低いことは自覚しており、自分でもっと煮詰めてから世に出したいと思っているので、おそらく当記事が公開されているのはもう少し先になっていると思います (現在4月2日)。

あまり日ネクキュレムの記事を見かけませんが、何かの参考になれば嬉しいです。

以上、閲覧ありがとうございました。質問等あればこちら(Twitter→@carbon_poket)までお願いします。