サイクル初心者

ポケモンシングルランクマッチの構築記事を投稿します。

ブログトップ

【自己紹介】

はじめまして。かーぼんと申します。

長らくエンジョイ勢でしたが、コロナによるおうち時間の増加を機に、剣盾のS8からガチ対戦を始めました。

攻めっ気のあるサイクル構築が好きです。

 

今の目標は最終30位以内を取ることと、安定して2桁を取れる実力をつけることです。

社会人のため、仕事との折り合いを付けつつにはなりますが、自分のペースで頑張ろうと思います。

 

好きなポケモンはたくさんいますが、ヒバニー、ラビフット、エースバーンが特に好きです。

 

twitter: @carbon_poket

↑対戦で上位目指して頑張る人と仲良くなりたいです。気軽に絡んでくれると嬉しいです。

 

【過去戦績】

SWSH

S29 1964/1893 -306

f:id:Carbon_poke:20211011184347p:plainf:id:Carbon_poke:20220219102918p:plainf:id:Carbon_poke:20210516124844p:plainf:id:Carbon_poke:20210516124802p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123932p:plain

S28 2012 -95位

f:id:Carbon_poke:20211011184347p:plainf:id:Carbon_poke:20220219102918p:plainf:id:Carbon_poke:20210516124844p:plainf:id:Carbon_poke:20210516124802p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123932p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123343p:plain

S26 2021 -51位 *初最終2桁

f:id:Carbon_poke:20210518220441p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123343p:plainf:id:Carbon_poke:20210516125247p:plainf:id:Carbon_poke:20210516124802p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123719p:plain

S25 199x/1953 -183位

f:id:Carbon_poke:20210516123932p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123247p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123719p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123938p:plainf:id:Carbon_poke:20210516125107p:plain

S24 1974/1901 -292位

f:id:Carbon_poke:20210518220441p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainf:id:Carbon_poke:20210827210355p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123719p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123938p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123247p:plain

S23 2014/1955 -274位

f:id:Carbon_poke:20210518220337p:plainf:id:Carbon_poke:20210516124844p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123719p:plainf:id:Carbon_poke:20210815184618p:plainf:id:Carbon_poke:20211016185533p:plainf:id:Carbon_poke:20210716220403p:plain

S21 2080/2064 -123位

f:id:Carbon_poke:20210518220441p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainf:id:Carbon_poke:20210523191200p:plainf:id:Carbon_poke:20210612025120p:plainf:id:Carbon_poke:20210516124802p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123924p:plain

S18 200x/1971 -225位

f:id:Carbon_poke:20210518220441p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123329p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123539p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123938p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123552p:plainf:id:Carbon_poke:20210516125835p:plain

S17 194x/1929 -237位

f:id:Carbon_poke:20210518220441p:plainf:id:Carbon_poke:20210518220337p:plainf:id:Carbon_poke:20210518220419p:plainf:id:Carbon_poke:20210518220320p:plainf:id:Carbon_poke:20210518220458p:plainf:id:Carbon_poke:20210518220401p:plain

S14 2006 -205位 *初レート2000

f:id:Carbon_poke:20210516123343p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123539p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123430p:plainf:id:Carbon_poke:20210518220914p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123552p:plainf:id:Carbon_poke:20210516125120p:plain

S13 1999 -318位

f:id:Carbon_poke:20210518221122p:plainf:id:Carbon_poke:20210516124124p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123430p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123329p:plainf:id:Carbon_poke:20210516124727p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123443p:plain

【剣盾S26シングル】エスバオーガ対面 [最高最終2021 -51位]

f:id:Carbon_poke:20210516123415p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123247p:plainf:id:Carbon_poke:20210516125247p:plainf:id:Carbon_poke:20210516124802p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123719p:plain

 

【はじめに】

初めましての方は初めまして。かーぼんと申します。

S26にて自身初の最終2桁を達成することが出来たので記念に構築記事を書きたいと思います。

ルールは変わりますが、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです!

 

【並び】

f:id:Carbon_poke:20220201195850j:plain

 

【構築経緯】

f:id:Carbon_poke:20210516123247p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plain

前期使用していた「襷カウンターエスチョッキオーガ」の並びが今期も使用感が良かったため軸に据えることにした。初手に来やすいオーガへのメタ (ミトム・レヒレ・ウオノラゴン・悪ラオス・HDザシアンetc) を襷エスバで処理し、オーガの通りを良くして対面的に詰め切るのが主な勝ち筋である。

(前期の構築→) (S25メモ)エスバオーガランド - サイクル初心者

 

f:id:Carbon_poke:20210516125247p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123719p:plain

上記のエスバ+オーガの軸を使う上で、相手のカイリュー、両バドレックス、ゼルネなどが重かったので、タラプミミッキュを採用。

また、相手のミミッキュに捲られる展開が多いことが気になったため、物理アタッカーを切り返す性能が抜群であり、ここまでで対策の薄いホウオウ、ディアルガなどの禁止伝説の対策を兼ねることもできる最速珠ランドも採用。ついでに受け崩しも担ってもらった。

 

f:id:Carbon_poke:20210516123430p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123415p:plain

ここまでで、「襷+禁伝+ダイマ枠」という選出ができていたので上記の4体を固定し、残り2枠で厳しい構築へのメタを貼った。 この2枠は色々と試したが最終的に、「ドラパルトorカイリュー+ザシアン」やゼクロム軸が重かったので、HBイカサマ電磁波ポリ2、「ザシアン+悪ラオス」や爆増していた水ウーラオス入りの構築に刺さるHBゴツメサンダーを採用して構築が完成した。

 

【個別解説】

(採用順) *赤字:上昇補正 青字:下降補正

 

f:id:Carbon_poke:20210516123247p:plainエースバーン@気合の襷 (*キョダイマックス個体)

性格:意地っ張り 特性:リベロ

とびひざげり/ダストシュート/ふいうち/カウンター

155-184(252)-95-x-96(4)-171(252)

 

超安定初手枠。

何故か誰も使ってなかったが、「かえんボール」を切って入れた「カウンター」が最強技であり、本来勝てない相手に強く刺さる事が多かった。オーガメタとして使われるポケモンに物理が多いのも相性◎。オーガの雨が邪魔で、火炎ボールでザシアンを倒せない…みたいな状況にもならない点も良い。

また、後述するランドロスに受け崩しの役割を持たせているが、ランドロスメタモンにコピーされると厳しいため、そのストッパーとしても優秀だった。あと、シーズン終わってから気づきましたが、メタモンのことを考えると努力値の端数はDじゃなくHに振って、カウンターのダメージを310にした方が良かったです。

 

 

f:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainカイオーガとつげきチョッキ

性格:控えめ 特性:あめふらし

しおふき/かみなり/れいとうビーム/熱湯

197(172)-x-111(4)-220(236)-161(4)-122(92)

 

禁止伝説枠。

打ち分け出来るし、耐久も火力もバケモンだし、シンプルに一番使いやすい型だと感じました。前期の2000チャレ、相手のオーガにエスバを熱湯で焼かれて負けた恨みから、自分もなみのりをやめて熱湯を採用。こうして負のスパイラルが生まれていく。

今期のオーガのSのチキンレースは熾烈ではありましたが、耐久を削りすぎて珠サンダーに勝てなくなるのは本末転倒だと思ったので、2ヶ月通してがっつり耐久に振った型で使い続けました。

 

調整意図:

S→無振りサンダー抜き抜き

H→特化ザシアンの+1じゃれ、珠サンダーの特化140ダイサンダーをそれぞれ最高乱数切り耐え

C→11n

B、D→端数

(↓下記の記事の調整を参考にしました。掲載許可ありがとうございます!)

【S24最終119位】オーガサンダーダルマ - takuto_poke’s diary

 

f:id:Carbon_poke:20210516125247p:plainミミッキュ@タラプのみ

性格:意地っ張り 特性:化けの皮

ゴーストダイブ/じゃれつく/つるぎのまい/影打ち

143(100)-155(244)-101(4)-x-128(20)-134(140)

 

両バドレックス、イベル、オーガ、ゼルネ等の伝説に抗える最強の対面駒。

特にゼルネアスは爆増しており、一時期のように「当たったら事故」で済ませられる数ではなかった為、ダストエスバ+タラプミミで厚めにメタを貼った。その甲斐あって、最終日付近何回もゼルネに当たったが、最終14位の方に負けた1回以外は一度も負けなかった。

調整は準速80族抜きくらいのカイオーガが多いと感じたため、それを意識したSラインとした。結果、スカーフじゃないオーガには全て上から動くことができた。

 

調整意図:

S→準速80族抜き抜き (速めのHCSオーガ意識)

A→ほぼ特化

H→8n-1 (皮ダメ最小)

D→余りでなるべく高く

B→端数

 

f:id:Carbon_poke:20210516123719p:plainランドロス@命の珠

性格:陽気 特性:威嚇

じしん/そらをとぶ/いわなだれ/つるぎのまい

165(4)-197(252)-110-x-100-157(252)

 

オーガと相性が抜群なダイジェッター。

エスバ、ミミッキュ、パッチラゴンといったオーガ軸が重い物理アタッカーへの切り返し性能、さらに物理の高火力で裏に強い負荷をかけていける点が、オーガと良くかみ合っていました。前期の影響で爆増したディアルガとホウオウに明確に強いのも魅力的。

また、軸のエスバオーガで崩すのが厳しいラキドヒドのような受け回しはコイツでラッキー対面から崩していました。とはいえ、歌うや甘えるがあまりにも鬱陶しいので、有利な運ゲーor痺れ待ち剣舞連打に持ち込めるよう、なるべくポリ2やサンダーの電磁波を絡めていました。

なんだかんだS24〜26通して、全ての最終日構築に珠ランドがいたため、ダメ感などが分かっていたのがよかったかも。

 

f:id:Carbon_poke:20210516123430p:plainポリゴン2@進化の輝石

性格:図太い 特性:トレース

イカサマ/放電/じこさいせい/電磁波

191(244)-x-156(252)-125-115-82(12)

 

初手襷エスバで対応不可能なドラパルトとカイリューへのメタ。一緒に組まれがちなザシアン軸に出しやすいよう、電磁波イカサマで採用した。また、ゼクロムやBキュレム等々への誤魔化しもでき、枠の圧縮に貢献した一体。

放電の枠はもともと冷凍ビームで、ランドロスに刺さればいいな感覚だったがあまりにも撃たないのと、「ゼクロムテッカグヤ+水 (レヒレアシレーヌ、水ラオスetc)」の並びがとてもしんどかったので最終日前日に変更。実際とても役立ちました。

 

調整意図:

H→16n-1

B→物理ドラゴン全般を受ける都合上、振り切らないと色々足りないため特化

S→麻痺った最速ウーラオス抜き

 

f:id:Carbon_poke:20210516123415p:plainサンダー@ゴツメ

性格:図太い 特性:静電気

ボルチェン/暴風/羽/身代わり⇄電磁波

197(252)-x-150(252)-145-111(4)-119 (*S個体値29)

 

ほぼ出さないニート枠。最終日の選出回数はたったの2回。

でも、相手の水ウーラオスを受け止められるポケモンがおらず、選出画面にいるだけで初手水流連打を撃たれなくなるという御加護があるため外せない。一応ゴリランダーやカミツルギに睨みを効かせる枠でもある。

当初はナットレイをあまりにも舐めていたので身代わりを採用していたが、ザシアン+悪ラオスに勝てなさ過ぎたので、最終的には電磁波に変更。結果、ナットレイが重い構築になってしまったが、HBならオーガが受かっておらず、HDならミミッキュやランドの物理の役割集中で強行突破できることに気づいてからは、キツイなりにも何とかなっていた。

 

調整意図:

HB→両ウーラオス、襷エスバを受けるために特化

S→無振りサンダー抜かれ (下からボルチェンをしたい)

 

 

【結果】

tn ShootCommand 最終51位 (レート2021)

70勝29敗 勝率70.7%

f:id:Carbon_poke:20220201221932j:plain

f:id:Carbon_poke:20220201222804j:plain

 

【最後に】

初のレート2000からちょうど1年、ずっと目標にしていた最終2桁を取ることが出来てとても嬉しく思っています。(地味に100戦以内なのも嬉しいです。)

ですが、ようやく上位勢としてのスタートラインに立てたに過ぎないと思うので、これからもより高い順位や、安定して2桁を取れるプレイヤーになれるよう、精進していきたいと思います。

質問等あればTwitterのDMまでお願いします!

(twitter@carbon_poke)

 

スペシャルサンクス】

・オーガ軸の相談に親身になって乗ってくれた、おろしぽんずさん、まどさん

・ガラルユナイトや今期のことで通話してくれた、いなポケくん、マキッペくん、きつねぽけくん

Twitterにて応援してくださった皆さん

 

【宣伝】

知り合いのポケ勢数人と麻雀する窓を作ったので、興味のある方入りませんか!

ランクマの息抜きに、ゆるーく通話でもしながら麻雀できればな〜と思ってます。

メンバーはまだ4人しか居ない発展途上の窓なので、是非気軽に入って欲しいです。

シーズン終盤はガチ目な構築相談等もできればいいなぁ…とも考えてます。

みんなで楽しくできる人なら大歓迎ですので、興味があればこちらもTwitterのdmまでお願いします!

 

閲覧ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

【追記】

よくやった選出。

vsオーガ→f:id:Carbon_poke:20210516123247p:plainf:id:Carbon_poke:20210516125247p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainorf:id:Carbon_poke:20210516123719p:plain

かなり有利。対面構築ばっかだったので、襷エスバがとても刺さる。たまにHBサンダーを投げてくる人が居たので、初手オーガにはダスト安定。相手の出方次第だが、羽連打をしてくる人には外す前に早めにオーガを投げて崩しに行く。あんまり負けてない。

vsネクロ→f:id:Carbon_poke:20210516123247p:plain+f:id:Carbon_poke:20210817213827p:plain+f:id:Carbon_poke:20210516123719p:plain

超絶有利。上の3体全員ダイマしてないネクロをワンパンできる上に、取り巻きにも強いので、負けてはいけない。(最終2桁チャレ、当時6位のネクロランドレヒレに当たり、普通に負けかけたのは秘密。)

vsゼルネ→f:id:Carbon_poke:20210516123247p:plainf:id:Carbon_poke:20210516125247p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plain

有利。珠エスバの方が強いことはわかっているのに、あえて襷にした理由の1つがロンゲゼルネにダストを撃ちまくれることなので、絶対に負けたくない。個別とかでも書いた通り、襷ダストエスバ+タラプミミでゼルネには相当安定する。

vsイベル→f:id:Carbon_poke:20210516124802p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123719p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainorf:id:Carbon_poke:20210516123247p:plain (ループ以外はf:id:Carbon_poke:20210516125247p:plainを出す)

かなり不利。ポリ2で死ぬ気で電磁波撒きに行く。もしラッキーが出てきたらランド投げて剣舞して破壊。ラス1はメタモンいたらコピーランドロスのケアでエスバ、そうじゃないならオーガ。最終日付近はなんか知らんけどほぼ勝てた。

vsダイナ→f:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainf:id:Carbon_poke:20210516125247p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123719p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123415p:plainから2体

5分 (相手の型にめちゃくちゃ依存する)。エスバの通りがゴミなので、それ以外で対処。エスバで倒す予定のミトムが入ってる奴と、コスパダイナにはいっぱい負けました。

vsホウオウ→f:id:Carbon_poke:20210516123247p:plain+f:id:Carbon_poke:20210516123719p:plain+f:id:Carbon_poke:20210817213827p:plain

やや有利。ランドロスを通すルートを考えます。ホウオウが環境的に物理ばっかだったのでカウンター押してましたが、大体引かれました。トドン入りばっかだったので、エスバで削ってランドの圏内に入れる立ち回りを徹底。

vs黒バド→f:id:Carbon_poke:20210516125247p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123247p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123415p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123719p:plainから2体

有利。実はあんまポリ2出した記憶がありません。チョッキオーガがかなり有利なので、殴り合ったり、ミミッキュで対面処理してました。なんか知らんけど水ウーラオスの同時採用率が異常だったので、サンダー出すことが多かったです。

vs白バド→f:id:Carbon_poke:20210516125247p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123247p:plainf:id:Carbon_poke:20210516124802p:plainから2体

基本有利。ミミッキュで返せばあまり負けないが、トリル身代わりやら、イバンやら、絡め手が鬱陶しかったイメージです。

vsゼクロムf:id:Carbon_poke:20210516123247p:plainf:id:Carbon_poke:20210516124802p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainorf:id:Carbon_poke:20210516123719p:plain

若干有利。ポリ2が大活躍してくれ、ゼクロムダイマさえ止められれば襷エスバを通して勝てる。ゼクロムカグヤ以外にはランドロスを通すルートも取れる。意外と勝率良かった。

vsザシアン→f:id:Carbon_poke:20210516123247p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123415p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123719p:plainf:id:Carbon_poke:20210516124802p:plainから2体

不利。最終日までに当たったら結構勝ててたので大丈夫かなって思ったら、当日、急にうまいサンダーザシアン使いが爆増し、負けまくりました。ドラパを通してくるか、珠サンダーを通してくるか、人によってまちまちで面倒でした。

 

余談ですが、実はこの構築使った最終日前日・当日の負けの内訳が、ホウオウ1・ゼルネ1・ザシアン6だったので、明らかに対ザシアンが課題だったと思います。一方で他の軸には相当安定していたので、対ザシアンさえ正解の立ち回りと構築の改善点を見つけられていれば、もう少し頑張れた気がします。

次があるなら、サンダーの電磁波の枠を熱風にして、サンダーでダイマする選択肢を取れるようにしたいかな…と思いました。

(S25メモ)エスバオーガランド

f:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123932p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123247p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123719p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123938p:plainf:id:Carbon_poke:20210516125107p:plain

ほぼ自分用の備忘録。

 

【結果】

tn シールド 最高199X 最終1953 -183位

(↓最高。1998か1992かどっちか分からんけど、多分1992。)

f:id:Carbon_poke:20220101104353p:plain

 

【並び】

f:id:Carbon_poke:20220101092200j:plain

 

【個体】

f:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainカイオーガ@チョッキ

197(172)-x-111(4)-220(236+)-161(4)-122(92)

潮吹き/かみなり/れいとうビーム/なみのり

調整意図:

-H 特化ザシアンのじゃれつくを最高乱数切り耐え

-S 無振りサンダー+2

 

f:id:Carbon_poke:20210518220441p:plainサンダー@ゴツメ

191(204)-x-110(36)-147(12)-111(4)-167(252+)

ボルトチェンジ/暴風/電磁波/羽休め

調整意図:

 -S 最速

 -H 16n-1

 -B 特化ザシアンのじゃれつくを75%で耐え

 (なるべく高く。あまりの努力値でB<Dとできる最大値)

- D、C あまり 

 

f:id:Carbon_poke:20210516123343p:plainエースバーン@タスキ

とびひざげり/ダストシュート/ふいうち/カウンター

155-184(252+)-95-x-96(4)-171(252)

調整意図:ASぶっぱ

 

f:id:Carbon_poke:20210516123719p:plainランドロス@珠

じしん/そらをとぶ/いわなだれ/剣の舞

165(4)-197(252)-110-x-100-157(252+)

調整意図:ASぶっぱ

 

f:id:Carbon_poke:20210516123938p:plainナットレイ@残飯

181(252)-114-201(252+)-x-137(4)-23(-)

ジャイロボール/ボディプレス/やどりぎのタネ/鉄壁

調整意図:

 -HB 特化

 -S ミラー意識で最遅ナット抜き

 

f:id:Carbon_poke:20210516125107p:plainカイリュー@鉢巻

171(36)-202(236+)-115-x-120-130(236)

げきりん/ダブルウイング/神速/炎のパンチ

調整意図:

 -S +1で準速ドラパルト抜き

 -H A222ザシアンのじゃれつくを14/16で耐え

 -A のこり、なるべく高く

 

【概要】

基本選出はエスバ+オーガ+ランドorカイリュー

初手に来やすいオーガへのメタ (ウオノラゴン、カイリュー、水フェアリー組、襷悪ウーラオス) などを初手エスバで倒し、裏のポケモンダイマを切って詰め切る。カイリューやオーガはダイマを切らなくても強いため、比較的柔軟なダイマの切り方が可能。

現環境には少ないカウンターを搭載したエースバーンが非常に強力であり、ウオノラゴンやカイリュー、HDザシアン等を迅速に処理できるのが偉かった。ウオノラゴンは膝+不意でも落とせるが、不意打ちを撃つターンに交換択が発生するのが嫌だったので、それを解消できる点も評価した。構築の見た目的にも、相手視点エスバの初手ダイマの線を切れないため、カイリューが悠長に舞ってくることは一度もなくカウンターが決まった。

サンダーはイベル軸と一部のザシアン軸(特にドラパルト入り)への抵抗。本来はウーラオスやゴリランダーに受け出すつもりだったが、実際はエスバで対面処理していたので置物と化した。

ナットレイはラプザシやその他積んで破壊できそうな構築に選出する。サンダーナットの2体はサイクルを回す駒であり、対面的な本構築と若干ミスマッチだったような気もする。

総評、ダイナ・オーガ・ネクロには有利、ザシアン・黒バドは有利〜5分、イベルタル・ゼルネアスは不利。特にイベルには「噛み合わなければ負け」という試合が多く、頭が悪かったです。

 

【後書き】

 最終日前日までは別の構築を使用していたが、急に勝てなくなったためこの構築を急いで組んだ。チョッキオーガやカイリュー、襷エスバなどを普段全く使わないため賭けだったが、元旦の朝は100位台で安定して戦えたのでそれなりに上手くいったと思う。とはいえ、使い慣れていない事によるプレミでそれなりの数負けたため、非常に悔しい。

 今年は念願の最終2桁取れると良いな。本年もよろしくお願いいたします。

【剣盾S23シングル】ザシレヒレランド対面サイクル[最高2014最終1955-274位]

 

f:id:Carbon_poke:20210518220337p:plainf:id:Carbon_poke:20210516124844p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123719p:plainf:id:Carbon_poke:20211016184150p:plainf:id:Carbon_poke:20211016185533p:plainf:id:Carbon_poke:20210815185839p:plain

 

はじめに

 初めましての方は初めまして。どうもかーぼんと申します。一応2ROM2000は行ったので結果ないけど記事残します。(需要無いと思うので、ほぼほぼ自分の備忘録です。)

 

並び

f:id:Carbon_poke:20211101211516j:plain

 

構築経緯

f:id:Carbon_poke:20210518220337p:plainf:id:Carbon_poke:20210516124844p:plain

ザシアンを使う以上サンダーの静電気運ゲに屈してはいけないと思ったので、不快な状態異常を防げるレヒレ+ザシアンの並びから構築を組み始めた。

f:id:Carbon_poke:20210516123719p:plain

これだけでは相手のザシアンが重すぎるのでHBゴツメランドを投入。

f:id:Carbon_poke:20210815184618p:plain

ここまででカイオーガが重いので、カイオーガ受けに抜け殻トリトドンを採用。

f:id:Carbon_poke:20210516124802p:plainf:id:Carbon_poke:20211016185533p:plain

ここまでで黒バドレックスと日ネクが重いのでイカサマポリ2を採用。

(→数十戦回して、ポリ2が使い物にならなかったので、チョッキGファイヤーに変更。)

f:id:Carbon_poke:20210815185839p:plain

最後にムゲンダイナ、メタモンドヒドイデ等、ここまでで重いポケモンへの解答としてHD残飯ヒードランを採用して構築が完成した。

 

※参考にした記事 (無断転載のため問題があれば削除します)

S22最終34位 - 最速ザシアン軸 - 庇鰤 (hatenablog.jp)

 

個別

f:id:Carbon_poke:20210518220337p:plainザシアン@朽ちた剣

性格:陽気 特性:不撓の剣

実数値:167-222(252)-136(4)-x-135-220(+252)

技構成:巨獣斬/じゃれつく/炎の牙/剣の舞

調整意図:

-ASぶっぱ

-B あまり。気休め程度だが、特化ザシアンの巨獣斬でワンパンされる確率が減る(50%→43.7%)

 本構築の絶対的エース。流行りのムゲンカグヤバンギガルドみたいな並び、日ネク入りのサイクルを剣舞を積んで倒すために炎の牙を採用した。

 ザシアンミラーで優位に立つため最速で使用していたが、最終日は全人類最速ザシアン使ってて何度も上から斬られた。

 

f:id:Carbon_poke:20210516124844p:plainカプ•レヒレ@こだわり眼鏡

性格:臆病 特性:ミストメイカ

実数値:145-x-136(4)-147(252)-150-150(+252)

技構成:ムンフォ/なみのり/れいとうビーム/トリック

調整意図:

-CSぶっぱ

-B あまり (特化ハチマキウオノラゴンの先攻エラガミを15/16で耐え)

 普通のメガネレヒレ。不快な静電気麻痺と暴風混乱を場に出すだけでシャットアウト出来るのが本当に偉い。

 素早さを甘えたS90族の禁伝を上から殴ったり、レヒレミラーで優位に立つため、最速で使用した。

 

f:id:Carbon_poke:20210516123719p:plainランドロス@ゴツメ

性格:呑気 特性:威嚇

実数値:196(252)-165-156(+252)-125-101(4)-99(-)
技構成:じしん/ステロ/とんぼ/くさむすび

調整意図:

- HB ぶっぱ (ザシアンへの後出しを安定させるため)

-D あまり

 ザシアンにブン投げるクッション。ゴツメで相手のザシアンを削ってこちらのザシアンの巨獣斬圏内に入れる。他にも重いエスバやガブをしっかりと受け止めてくれる仕事人。

 めちゃくちゃ強かったけど残飯ランドの前ではただのうまい餌だった。

 

f:id:Carbon_poke:20210815184618p:plainトリトドン@きれいな抜け殻 

性格:生意気 特性:呼び水

実数値:218(252)-108(36)-108(156)-113(4)-121(+60)-53(-)

技構成:なみのり/地震/あくび/じこさいせい

調整意図:

-A 固いカイオーガ (実数値H205-B124) の身代わりを地震で確定破壊

-HD 特化眼鏡カイオーガれいとうビームが超低乱数2発 (1.1%)

-HB 特化鉢巻ウーラオスインファイトが低乱数1発 (12.5%)

-C あまり

※固いカイオーガの参考元はS21最終7位の方の記事から。

 トドンが無力&取り巻きで対処が困難な「ゴチル+オーガの並び」と「瞑想身代わりカイオーガ」に対抗するための秘密兵器。前者は「きれいなぬけがら」を持たせ、後者は「若干のA振り+地震」の採用で起点回避を狙いました。これにより、どんなオーガ軸にも恐れず選出ができて強かったです。選出する際はランド+トドンのセットで出す事が多く、あくびステロループを自然に形成できるのもよく噛み合っていたと思う。

 

f:id:Carbon_poke:20211016185533p:plainファイヤー(ガラル)@チョッキ

性格:控えめ 特性:逆上

実数値:187(172)-94(-)-111(4)-165(+236)-146(4)-122(92) 

技構成:もえあがるいかり/エアスラッシュ/とんぼがえり/ふいうち

調整意図:

-S 4振りサンダー抜き

-C 無振りウーラオスをエアスラで確定

-H あまり

▷重要なダメ計

• ふいうち(A実数値94)で無振り黒バドに84.5%〜102.8%、ステロ込みなら96.5%〜114.8%(87.5%の乱数1発)

 ゼッタイ黒バドコロス。構築が基本的に有限サイクルのため、有利対面を使った時に負荷をかけやすいC振りチョッキで採用した。黒バド対面のとんぼがえり→引いてきたガラルファイヤー受けにザシアンを合わせる動きがとにかく強力だった。

 あと、チョッキ込みの高い耐久と先制技のおかげで地味に対面性能が高い。潮吹きで拘ったスカーフオーガを逆上発動の燃え上がる怒り→不意打ち連打で突破した時は流石に引いた。

 間違いなくこの構築で最も強かったポケモンであり、多分対黒バド軸が1番勝率高かった。

 

※調整参考元 (無断転載のため、問題があれば削除します)

剣盾シングルS22 ザシアンランド 最高レート2040 最終レート1948 - りこちゃんビームで確定一発 (hatenablog.com)

 

f:id:Carbon_poke:20210716220403p:plainヒードラン@残飯

性格:穏やか 特性:もらいび

実数値:193(212)-x-127(4)-151(4)-159(+148)-115(140) 

技構成:マグマストーム/大地の力/ちょうはつ/守る

調整意図:

-S S+1でガブを抜く日食ネクロ抜き (準速カグヤ+2)

-H 16n+1

-D 臆病ダイナのメテオビームとC+1ダイマ砲×2を残飯2回込みで大体耐える

 記事を読み漁っていたところ、巨獣/じゃれ/炎の牙のザシアンを完封できると知って、メタモン対策に投入。ついでにダイナや不快な受けポケモン (ドヒドイデなど) の処理班。

 無難に強かったが、構築の並びからドランでメタモン対策しているとバレたのか、平気でザシアンにドランを投げてくる人が結構いて毎回「インファあったらどうすんの??」って思いながら無言でレヒレに交代していた。

 

※調整参考元 (無断転載のため、問題があれば削除します)

【S22最終2104-30位】柔靭イベドヒド - Origin Regression (hatenablog.com)

 

 

重い並びとポケモン

• ツボザシランド

→切りました。上から叩き込まれる高火力を誰も受けられません。使ってくるの基本的に4桁の方ばかりだったので、当たる度にごっそりレート吸われた。勘弁して欲しい。

 

• ホウオウ+ヌオー+レヒレ受け(ドヒドなど)

→終盤まで全くと言っていいほど当たらなかったので切っていたが本当に無理。最終日結構いた。3桁後半帯に多くて、サブロムが吹き飛んだ原因はコレ。

 

• ガラルヒヒダルマ

→激やばポケモン①。レヒレ、ランド、ザシアンの相性補完を生かして気合いで処理。相手がタイプ相性知らない方か博打マンの場合、全員一瞬でぶっ飛ばされる。何故か出てこない事が多くて助かった。

 

ロトム系統

→激やばポケモン②。軸のレヒレランドザシアンがミリも刺さってないので、苦戦を強いられます。トドンを出せれば楽ですが、出せない時はミトムはザシアンを、ヒトムはレヒレを、それぞれランドでボルチェンを牽制しながら気合で合わせて処理してました。

 

ドヒドイデ

→眼鏡トリックとかは一応あるけど、実は基本的にドラン以外で勝てません。しかし、スタンパのドヒドはドランやファイヤーの圧力が効いたのか全然出てこないので、ある程度割り切って選出することもありました。

 

結果

tn ひかる

 最高2014 最終1955-274位

tn えまユズル(最終日前日まではtn TriggerOn)

 最高2010 最終4桁

f:id:Carbon_poke:20211101220804p:plain

f:id:Carbon_poke:20211101220707j:plain

 

 10/20くらいに今回の並びが完成して、そこからコツコツレートを上げた。最終日前日にまあまあ良い勝率で2ROM2000着地。今期はいけると内心思ったが、最終日急にキツイ構築が増殖して2ROMとも爆散して撤収。

 2014から潜った試合、余計な交換読みして負けた上に、勝って保存してたらお相手のレート的に最終80位くらいだったらしい。流石にそろそろ最終2桁取りたい。

デフレが予想されますが、このままでは成仏できないので来月からも頑張ります。

【剣盾S21シングル】眼鏡オーガ軸対面サイクル [最高2080 最終2064 -123位]

ーはじめに

はじめましての方ははじめまして、どうもかーぼんです。

久々に2000いけたので記事を書きたいと思います。

ー並び

f:id:Carbon_poke:20210901222332j:plain

 

ー構築経緯

 軸: f:id:Carbon_poke:20210516123924p:plainf:id:Carbon_poke:20210518220441p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plain

サイクル環境であるシーズン21では、崩し性能の高いポケモンを軸に組みたいと思ったため、禁伝枠には水無効以外で基本的に止まらず、崩し性能が抜群な眼鏡カイオーガをチョイスした。

 

眼鏡オーガを生かす良い並びがないか、ぽけふぁんを眺めていたところ、

S17 最終4位のアランドロスさんが使われていた、

カバルドン+電磁波撒き+眼鏡オーガ」

の並びに興味を持ち、真っ先に取り入れた。

 

参考記事→ 剣盾ランクマッチシーズン17使用構築 「ヘンテコ対面操作オーガ」【最終4位】 - タイプバランス命(掲載許可頂きました、ありがとうございます!)

 

電磁波撒きには、原案通りボルトロスを採用しようと思ったが、

・気持ちバレにくい電磁波が強力であること

・環境に増殖したウーラオスとゴリランダーを受けられること

・回復技がありTOD性能があること

などを加味して、起点作成役としては劣るものの、汎用性の高いHBゴツメサンダーを採用した。

 

補完: f:id:Carbon_poke:20210523191200p:plainf:id:Carbon_poke:20210612025120p:plainf:id:Carbon_poke:20210516124802p:plain

@3は色々試した結果、最も対応範囲が広かったこの3体に落ち着いた。

詳細は個別解説で述べるが、簡単に採用意図だけここで纏める。 

 

オーガミラー、メタモン、ゼルネアス対策枠

→珠ASベースゴリランダー

ザシアン軸、攻め寄りのダイナ軸対策枠

→襷ASガブリアス

黒バド、Wキュレムなど採用率の低い伝説を咎める枠

→BとDに振り分けたポリゴン2

 

ー個別解説

f:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainカイオーガ@こだわりメガネ

185(76)-x-110-222(252+)-160-133(180)

しおふき/かみなり/れいとうビーム/こんげんのはどう

調整意図:

C→最大火力を押し付けるため特化

S→準速80族抜き

H→あまり

その火力がやみつきになる禁伝枠。ご存知の方も多いかと思いますが、潮吹きでラッキーとHDナットレイが確定2発、D特化傘ハピナスがステロ込み確定2発という意味不明な火力が出ます。

耐久も高いためシンプルに禁伝同士の打ち合いにも強く、イベルタルや襷以外の黒バド等との撃ち合いにしっかり勝ってくれた。

調整はCの特化は確定。あとは良く居る準速鉢巻ウオノラゴンさえ抜けていればなんでもよかったが、知り合いと話していて準速カイリューマンムーを抜けた方が強いと気づいたので、最終日前日に急遽Sラインを129→133へと変更した。この変更は大正解で、最終日だけでマンムーを5〜6体程対面からシバいた。本当に水無効ポケモン以外で止まらないが、トリトドンに気づいている民にあたる度にボコられるのだけは何とかしたかった。

 

f:id:Carbon_poke:20210518220441p:plainサンダー@ゴツゴツメット

197(252)-x-150(252+)-145-111(4)-119 (S個体値28-29)

ボルトチェンジ/ぼうふう/でんじは/はねやすめ

調整意図:

HB→HBぶっぱ

S→サンダーミラーで下からボルチェンをしたいので無振りサンダー抜かれ

今期もお世話になったサイクルの潤滑油にして最強の運勝ち製造マシーン。やることない時に「暇だし撃っとくかー」くらいの気持ちで撃った電磁波が、一方的に運の押し付けが可能でマジで強かった。オーガと居るので暴風の採用がギリ合法になるのも偉ポイント。

正直、電磁波で相手の足早いやつを麻痺らせて眼鏡オーガでぶち抜くのがコンセプトだったが、こいつ一体で電磁波→痺れ待ち羽連打→痺れたら暴風で殴るという動きで色んなポケモンを無理やり突破した。やっぱコイツおかしい。

Sはサンダーミラーでの立ち回りが安定した方がいいと思ったので無振りサンダー抜かれの個体を使ったが、麻痺ったスカーフヒヒダルマの上をとれるS4振りも一考したいところではある。

 

f:id:Carbon_poke:20210516123924p:plainカバルドン@オボンのみ

215(252)-132-165(92+)-x-113(164)-67

じしん/あくび/ステルスロック/ふきとばし

調整意図:

HB→ザシアンへの受け出しが安定しそうなライン(確かA222ザシアンの+1巨獣斬をオボン込みで高確率で2耐えしつつ、+1じゃれでオボンが発動しやすいラインとかだった気がする)

D→あまり

環境に多かったダイナやイベル入りの受けサイクルに刺す駒。主にステロ→あくびループで場を掻き乱し、オーガを通す補助を行う。たまに吹き飛ばしでバトンパや積み構築を咎める。

環境にレヒレが少ない+催眠対策が甘い構築が多い+不意のダイマによるテロがない等々あって、安心して展開を作りやすく、あくびループに嵌めやすい環境だったと感じた。

調整はシリーズ8の上位構築でみんな使っていたやつをそのままパクった。ザシアンに後出ししやすく、ダイナやイベルの特殊技をいい感じに耐えてくれたので使いやすかった。

 

f:id:Carbon_poke:20210523191200p:plainゴリランダー@いのちのたま

179(28)-194(252+)-111(4)-x-95(36)-129(188)

グラススライダー/ばかぢから/ウッドハンマー/つるぎのまい

調整意図:

A→特化(グラスラを最高火力にするため&ステロ+A2段階上昇珠ウドハンでHBサンダーをしばきたいから)

S→準速ウオノラゴン+2(オーガのS実数値が129だった頃の名残)

H→10n-1

D→C201ゼルネのムーンフォースを確定耐え

オーガと攻めの補完が抜群な第2のエース。カイオーガ軸ミラー、メタモン入り、ゼルネアス軸に選出し、スイーパー・ストッパーとしてとにかく重宝した。初手対面した相手のカイオーガを引かせたり、カイオーガの餌である物理受け(HBサンダー、ウインディ、ファイヤー、バルジーナ、etc)の選出を強要したりとただ居るだけで相手にかける圧が凄まじく、オーガを通しやすくなったので採用して正解でした。

耐久にちょっと振ったのは、構築単位で半分諦めてるゼルネへのせめてもの抵抗。何やかんや役に立った。

S実数値129は、カイオーガのS実数値を129で使っててSラインを合わせれば役立つかもって言ってた頃の残骸。環境にS60振りサンダー(実数値128)が絶滅したのもあり、変えたほうが良いと思いつつも、ダメ感が変わったら嫌だったのでそのまま使い続けた。

 

f:id:Carbon_poke:20210612025120p:plainカブリアス@きあいのタスキ

183-182(252)-115-x-106(4)-169(252) 

スケイルショット/じしん/ほのおのキバ/つるぎのまい

調整意図:

ASぶっぱ

環境に刺さり散らかしてた主人公。確実にMVP。主にザシアン軸と、攻め寄りのダイナ軸、受けループ寄りの構築に選出する。

特に対ザシアン軸には、鮫肌×2+地震で大抵のザシアンと相打ち以上には持ち込める上、取り巻きにいてなおかつ選出されやすいウオノラゴン、ボルトロスロトム等に役割が持てるため腐りづらかった。

技はメインウェポン2つと剣舞は流石に確定だが、残り1枠は無限に悩んだ。最終的には構築単位で重いナットレイやダイナ入り受けループのムドーを倒すために炎技を採用した。しかし、ホウオウ軸に、ホウオウ+貯水枠みたいな選出をされた時に手も足も出なかったので、ホウオウを倒せてオーガの補助もできる岩石封じでもよかったかもしれない。

 

f:id:Carbon_poke:20210516124802p:plainポリゴン2@しんかのきせき

191(244)-x-132(172)-125-139(92+)-58 (S個体値0)

トライアタック/イカサマ/じこさいせい/スピードスワップ 

調整意図:

HD→C217眼鏡黒バドのサイコキネシスを確定2耐え

HB→あまり(C217眼鏡黒バドのサイコショックを少し余裕を持って2耐え。(ステロ意識))

黒バドへの超ピンポイントメタ。黒バドに受け出したいという意図のみから生まれた様な調整。汎用性が無くてひたすら弱いが、終盤黒バトが再増殖したこともあって抜けなかった。あと、ホワイトキュレムパルキアレックウザの様な使用率が低く、対策が薄くなりがちな禁伝を広く誤魔化せるのも一応プラス要素。

身代わりを貫通できるスピードスワップは起点回避のために役立ち、急所やサイキネのDダウンで崩されたとしても後続でしばくことができる。もちろん眼鏡オーガとのシナジーもあるので、価値は高い。

あと、特性はトレースにしていたがあまり役に立たなかったので、普通にアナライズでいいと思います。その場合はイカサマをシャドーボールに変え、Bに回した過剰な努力値をCに振っても面白いかも。

 

ーキツいポケモン

トリトドン

ある程度の汎用性がある水無効ポケモンの中で、眼鏡オーガがおそらく唯一完封される。(他の水無効枠は基本単体性能が低いし、オーガのサブウェポン2発で吹っ飛ぶので問題ない。)ゴリラを気軽に投げられないザシアン軸にこいつが居ると絶望。

・カプコケコ

誰も上取れないし、とんぼで逃げられるので厳しい。中盤イベループが流行って対策枠として環境に増えた時は終わったかと思った。

・ガラルヒヒダルマ

初手にウキウキで出てくるので、ガブで襷を盾に死ぬ気で対面処理or大ダメージ食らう前提でオーガで殴る。つららで怯んだらおわりだが、怯まされたとしても文句言えない。

・エッジ持ってる悪ウーラオス

サンダーで見れないのでおわおわり。外せと祈るのみ。

・催眠ゲンガー、キュウコン

勝てるわけがない。当たらないこと&催眠を全てかわすことで対策とする。

 

ー結果

tn ShootCommand 最高2080 最終2064 -123位

tn ひかる 最高2067 最終さよならバイバイ

f:id:Carbon_poke:20210902174915j:image

 

↓最高ココ

f:id:Carbon_poke:20210902174917j:image

 

ー最後に

最終日2009と2012からスタートして、12勝3敗で2ロム2067と2080まで来れたのですが、そこからは睡魔に負けて酷いプレミを連発。ズルズルと溶かしてしまいました。

自分の不甲斐なさに嫌気が刺しますが、これまでの最高レートを70以上更新できたことは素直に嬉ぼうと思います。

2100は行ってないけど、2000帯で安定して戦えたので誰かの参考になれば嬉しいです。

質問、ご指摘等あればこちら (@carbon_poke) までお願いします。それでは!

 

スペシャルサンクス

・構築相談に乗ってくれたきつねぽけくん

(貰ったアドバイスあんま活かせなくてごめん…!)

・ファボ、おめリプ、応援リプ送ってくださった皆さん。

 

ー追記

よくやった選出

VSザシアン

f:id:Carbon_poke:20210612025120p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123932p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plain

ガブを通しに行くことを考える。対面+最低限のサイクルを目標に立ち回り、ガブの襷を極力大事にすることを徹底。

 

VS黒バド 

f:id:Carbon_poke:20210516123415p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123430p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plain

基本的にこの3体でサイクルしていれば五分以上には持ち込める。

 

VSオーガ

f:id:Carbon_poke:20210523191200p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainf:id:Carbon_poke:20210518220441p:plainorf:id:Carbon_poke:20210612025120p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainf:id:Carbon_poke:20210523191200p:plain

サイクルするか対面で殴るか択。サイクルして勝てそうなときは、初手潮吹きで崩壊するのでゴリラスタート。対面で殴るときは襷+禁伝+ゴリラの無難な対面選出。

 

VSイベル

f:id:Carbon_poke:20210516123932p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123924p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plain

眼鏡オーガを対面的に通しに行く。初手からラッキーが来てしまった場合など不利対面取ったらカバ投げて誤魔化し、ステロあくび展開を作りに行く。

 

VSムゲンダイナ (攻め)

f:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainf:id:Carbon_poke:20210612025120p:plain@1

対面選出で殴る。終盤は火力アップアイテム持ってダイマ砲でオーガに確2取ってくるダイナばかりだったので、初手ガブで対面処理orサンダーで電磁波を入れに行った。

 

VSムゲンダイナ(受け)

f:id:Carbon_poke:20210516123924p:plainf:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainf:id:Carbon_poke:20210612025120p:plain

初手カバであくびステロ展開→頃合い見てハピナスが来なさそうなタイミングでオーガ投げ→潮吹き連打で勝てる。基本カバオーガの2体だけで勝ってたが、一応第2の崩し枠でガブを通すプランも用意。有名人には当たらなかったが、受けルーパーにはほぼ勝てた。

 

VSゼルネ

f:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainf:id:Carbon_poke:20210612025120p:plainf:id:Carbon_poke:20210523191200p:plain

オーガガブのどっちかで半分削って、グラスラでゼルネを倒すしか処理ルート無いのでキツめだが、なぜか結構勝てた。耐久にガン振りしているゼルネは無理。

 

VSホウオウ

f:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123924p:plainf:id:Carbon_poke:20210612025120p:plain

ダイナ入り受けループとやることは同じ。貯水ポケモンの採用率が異常なので、キツめ。

 

VSネクロズマ

f:id:Carbon_poke:20210817213827p:plainf:id:Carbon_poke:20210518220441p:plainf:id:Carbon_poke:20210612025120p:plainorf:id:Carbon_poke:20210516123924p:plain

カバのふきとばしorサンダーの電磁波でネクロの起点にならないよう細心の注意を払う。同居しやすいレヒレが重いので、初手オーガ。

 

VSその他マイナー伝説

→その場のアドリブで3体

しらん。ディアルガパルキアにはギャグ抜きでほぼ勝ててない。

【剣盾S18シングル】サンダードサイドン軸[最高200x最終1971 -225位]

ーはじめに

こんにちは、かーぼんです。剣盾シングルランクマッチS18にて、最終順位は振るわなかったものの、瞬間2000は載せれたようなので記事を書きたいと思います。

ー並び

f:id:Carbon_poke:20210601133732j:plain

 

ー構築経緯

1. 軸の決定f:id:Carbon_poke:20210516123415p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123552p:plain

「初手耐久振り怪電波サンダー+弱保剣舞ドサイドン」の2体で環境トップと考えている4体 (サンダー、エースバーン、ポリゴン2、ウーラオス) に対して一定の解答が得られることからこの2体を軸として構築を組みはじめた。具体的な動きは下記の通り。

VS サンダーf:id:Carbon_poke:20210516123415p:plain

サンダーvsサンダー対面は、ボルチェンケアでドサイドンに素引きして相手のサンダーをキャッチ。試合の序盤は積極的に交換読みして裏に通る技を選択して負荷をかける。相手の選出が割れてきて、ドサイドンを通せそうなら、もう一度サンダードサイドン対面を作って剣舞や弱保を駆使して崩しに行く。

VS エースバーンf:id:Carbon_poke:20210516123343p:plain

サンダーのボルチェン→ドサイドンとつなぐ。ボルチェン+弱保地震で珠ダイマエースバーンを倒せる。ドサイドンが通ってそうなら、そのままダイマをして、弱保を発動させたA+2ドサイドンをHPを確保した状態で場に残す。

VS ポリ2 f:id:Carbon_poke:20210516123430p:plain

初手怪電波で無効化し、次のターンはボルチェンを選択。交代された場合は対面操作ができるのでそれはそれでよし。場に残してきた場合はドサイドン剣舞して起点にする。(イカサマポリ2が怖いので、同時に選出出来るなら後述のカプ・レヒレの瞑想やナットレイの鉄壁の起点にした方がいい。) 

VS ウーラオス f:id:Carbon_poke:20210516123443p:plain

そもそもサンダーがガン有利。基本交代されるので、ボルトチェンジを撃って対面操作を行う。

2. 補完枠の選択→ f:id:Carbon_poke:20210516123539p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123938p:plain

 軸2体と相性補完が取れており、あくびステロ展開/暴風混乱などの事故をシャットアウト可能なカプ・レヒレを3体目に採用。サンダーの怪電波による起点づくりが出来るため、自らも詰め筋となれる瞑想ドレインキッス型で使用。

 また、ここまででウオノラゴンやウツロイドミミッキュ等に薄いためナットレイを4体目に採用。ウオノラゴンの取り巻きに良く居るジバコイルにも勝ってほしかったので鉄壁ボディプレス型で使用した。

3. 新たな初手枠の選択→ f:id:Carbon_poke:20210516125835p:plain

 初手にサンダーを投げた場合、初手に来やすいガラルヒヒダルマや襷マンムーが重いため、サンダー以外にもう一体初手枠を考える事とした。この枠は色々と考えたが、

・サンダーと合わせてトンボルチェンのサイクルを回せる

・高いストッパー性能、スイープ性能

・重いアーゴヨンや霊獣ボルトロスに強い

等といった要素が強く感じた為、スカーフフェローチェを5体目に採用。

 4. 受け対策&第3のエースポケモンの選択→ f:id:Carbon_poke:20210516123343p:plain

ここまででダイマックスを切って強いポケモンが、サンダーとドサイドンしかいなかったのでもう一体エースを採用することにした。と同時に、現時点ではドヒドイデの処理ルートに乏しいことに気づいたため、普通に使っても強く、受けを崩せるしねんのずつきを搭載した珠エースバーンを6体目に採用した。

 

以上の6体で構築が完成。

f:id:Carbon_poke:20210516123932p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123552p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123539p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123938p:plainf:id:Carbon_poke:20210516125835p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123343p:plain

どのポケモンも詰ませ性能、エースとしての抜き性能が優れているものを選んだつもりなので、あらゆる局面から勝ち筋を拾えるサイクル構築に仕上がったと考えている。

 

ー構築の要点

・メインのサイクルパーツ4体 (f:id:Carbon_poke:20210516123932p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123552p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123539p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123938p:plain) による受け/攻めのバランスのよいサイクル戦

・最低限のサイクル (f:id:Carbon_poke:20210516123932p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123552p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123539p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123938p:plainf:id:Carbon_poke:20210516125835p:plainから2体) →高速エース (f:id:Carbon_poke:20210516123343p:plainf:id:Carbon_poke:20210516125835p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123932p:plainから1体) を通す攻撃的なサイクル戦

 

ー個別紹介 (採用順)

f:id:Carbon_poke:20210516123415p:plain

サンダー@するどいくちばし

ぼうふう/ボルトチェンジ/かいでんぱ/はねやすめ

191(204)-x-125(156)-171(+84)-111(4)-128(60)

S +1で準速ドラパルト抜き

C 嘴ダイジェットで無振りウオノラゴンを15/16で落とす

HB エースバーンの意地珠ダイアタックを14/16で耐え (ついでに16n-1)

D 端数

構築の軸その1。耐久と火力をある程度両立した、欲張り怪電波サンダーです。耐久振りを生かしたサイクル参加、ボルチェンによる対面操作、怪電波による起点作成や詰ませ、ダイジェットエースと幅広く使える万能ポケモンでした。

当初は普通の図太いHBの怪電波サンダーを使っていましたが、火力が無いとバレた瞬間ランドロスやらガブリアスやらを後出しされて剣舞される展開が頻発し、あまりにもダルすぎたのでこの型に変更しました。並びから火力がないサンダーだと一点読みされることも少なくなく、初手サンダーランドロス対面、飛行技を撃っただけで何匹ものランドロスが踊っただけで死んでいった。

ただし性格を図太いから控えめにし、火力に努力値を回した影響でクッションとしての性能はかなり落ちている(特に、ウーラオスの水流や強打に受け出せない)ので、その点はレヒレを同時に選出することで誤魔化していた。

調整に関しては、あらゆる攻撃を良い乱数で耐える耐久力と、ダイジェットエースとして申し分ない火力を期待通り両立していたので概ね満足。高火力のダイジェットを押し付けた後、上から怪電波を入れる動きが非常に強力で、何度も数的有利を取ってからのTODで試合を拾った。

 

f:id:Carbon_poke:20210516123552p:plain

ドサイドン@弱点保険

じしん/ロックブラスト/ほのおのパンチ/つるぎのまい

207(132)-190(+100)-151(4)-x-102(212)-68(60)

S 無振りカバルドン抜き

A 無振り珠ダイマエースバーンをA+2ダイアース&珠ダメ1回で93.7%で処理

HD C177珠サンダーのダイジェットが1.1%の乱数2発

B 端数 (A184珠エースバーンのとびひざげりを93.75%で耐え)

構築の軸その2。HDに厚めの弱保ドサイドン

S14でも似たような調整で使用していたが、環境トップのサンダーに対して安定して受け出せ、迅速に処理できるのが相変わらず偉かったです。

ドサイドン入りにサンダーが出てきた時点で裏にドサイドンに強い駒が居るのは確定なので、交代読みでサンダーに向かっていっぱい地震やほのおのパンチを押した。シーズン中盤は体感95%くらい引いてくるので大体通ったが、終盤は強気にドサイドンサンダー対面でサンダーで突っ込んでくる人が増え、素暴風混乱を引くたびに「岩技押されてたらどうすんねん!!!」と叫びながらSwitchを食べた。

調整に関しては、サンダーに受け出す都合上HDに割くのは勿論だが、エースバーンを処理する役割も大きかったので、Sを削ってAに多めに割いた。代償として、環境にいたほとんどのドサイドンに上を取られたが、下から弱保地震をお見舞いできるメリットも大きかったように思います。

 

f:id:Carbon_poke:20210516123539p:plain 

カプ・レヒレ@たべのこし

ねっとう/ドレインキッス/めいそう/まもる

177(252)-x-149(+4)-147(252)-150-105

よくある構成の残飯瞑想レヒレ。初2000を取ったS14にて軸のドサイドンと相性がいい事には気づいていたのですが、やはりドサイドンが止まるカバ/ラグ展開に強い他、ミストフィールドによる状態異常無視のおかげでドサイドンが焼かれたり混乱する事故を防いでくれるのがとにかく偉かった。さらに、怪電波サンダーによる起点づくりの後、このポケモンで瞑想を積む動きが強すぎて、何度もこいつで3タテしました。

技に関して、熱湯を採用しているのは構築に上振れ要素や勝ち筋を掴む要素が欲しかったため。ミストフィールドと相性最悪ではありますが、浮いてるサンダー、カイリューテッカグヤや勝手にミストフィールドを消してくれるゴリランダー等の後出しに刺さることもあり、生きることも多かったと思います。

調整、というか図太いHC振りというアイデアはTLで見かけたれみさんの記事を参考にしました。レヒレミラーの撃ち合いにも強く、構築にぴったりハマって大活躍でした。この場をお借りしてお礼申し上げます。(掲載許可もありがとうございました!)

lemipkmn.hatenablog.com

 

f:id:Carbon_poke:20210516123938p:plain

ナットレイ@オボンのみ

ジャイロボール/ボディプレス/てっぺき/やどりぎのタネ

181(252)-114-201(+252)-x-137(4)-23

S個体値2〜3

普通の鉄壁ボディプレスナットレイドサイドンの天敵のウオノラゴン入りを取り巻きごと破壊します。型の選択肢は色々あったと思いますが、ウオノラゴン入りに同居しやすいジバコイルを意識して鉄壁ボディプレス型となりました。(そもそも環境に通っていたと思う。)

また、本構築ではナットレイに厚いように見えて実は構築単位で非常に重い (サンダーは熱風を切っており、フェローチェは対面からなら負け、さらにエースバーンはサイクルに参加させづらい)のでミラーに勝つための最遅+1のS調整を施した。サンダードサイナット、レヒレナットドサイ、サンダーエスバナットといった既存の強い並びを自然に作ってくれるのも良かった。

持ち物に関しては、レヒレに残飯を取られてしまったので、渋々オボンのみで我慢した。(これはこれで強引な積みが可能になるため強かった。) 混乱実は発動し損ねる事が多く、お互いに鉄壁を限界まで積んだボディプレスナットレイミラーで負けてしまうので論外。

 

f:id:Carbon_poke:20210516125835p:plain

フェローチェこだわりスカーフ

とんぼがえり/インファイト/トリプルアクセル/どくづき

147(4)-207(+252)-58(4)-x-59(12)-201(236)

S 最速130族抜き

A 火力を落としたく無い為特化

HBD あまりの基礎ポイントを、DL調整を維持しつつ、特化鉢巻ゴリランダーのグラスラを耐える確率がなるべく高くなるよう配分(13/16で耐え)

 構築に足りない要素を完璧に埋めてくれた立役者。マジでこのポケモン触ってなかったらレート2000にすら行けなかったと断言してもいい。基本的には

・初手に投げてとんぼがえりでサイクルを回す→試合の終盤に一貫を作ってスイープする

・ダイジェットアタッカー (砂かき、雪かきも含む) へのストッパーとして用いる

の2つが主な動きとなる。軸(f:id:Carbon_poke:20210516123932p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123552p:plain)と補完(f:id:Carbon_poke:20210516123539p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123938p:plain)を決めてから、このポケモンにたどり着くまでには時間がかかったが、

・トンボルチェンのサイクルを回せるサンダー

・相性補完の取れたクッションとなるドサイドンナットレイ

ミストフィールドによって静電気サンダーにトリプルアクセルを気兼ねなく打たせてくれるレヒレ

フェローチェと相性の良い駒だらけだったため、構築に入ってからは外すことを考えられなかった。また、スカーフを持たせたことで、s上昇したf:id:Carbon_poke:20210516125107p:plainf:id:Carbon_poke:20210516123719p:plainf:id:Carbon_poke:20210520004510p:plainf:id:Carbon_poke:20210516124232p:plainf:id:Carbon_poke:20210518220954p:plain (意地に限る) 等々であってもを上から叩き潰せるため、ストッパーとして非常に重宝していた。

調整は非常に中途半端ではあるが、コケコに向かってダイマックスを切る試合があったことや、2加速した鉢巻ウーラオスに上から殴られて捲られた試合が忘れられず、S実数値201を確保。火力は落としたくなかったのでAの特化を確定とし、残りの基礎ポイント20を耐久に配分。HとBに4ずつ回しただけでも特化鉢巻ゴリスラを耐える確率が10/16(無振り)→13/16(H4 B4振り)と大幅に動くので、振っておくに越したことはないと感じた。

 

f:id:Carbon_poke:20210516123343p:plain

エースバーン@いのちのたま

かえんボール/とびひざげり/しねんのずつき/ギガインパクト

155-184(+252)-95-x-96(4)-171(252)

ガラルが誇る最強の兎。ドヒドイデ入りの受けサイクルを圧倒的パワーで破壊します。型としては有名なものですが、ドヒドイデをワンパンするために、意地+珠+「しねんのずつき」、サンダーに負けたくないため「ギガインパクト」、Aを上げる媒体かつポリ2を意識して「とびひざげり」、アタッカーテッカグヤが重いのでキョダイカキュウを撃つために「かえんボール」で技、性格、持ち物は変更の余地はなかった。構築に入れた当初はドヒド絡みの受け以外に出す気は無かったが、サンダーの後攻ボルチェンで相手のタスキを割りながら展開するのが強力であったり、貴重なミミッキュへの対抗手段であるため、対面構築絡みにも頻繁に投げていた。

ダイサイコは受けに刺す技という認識が強いが、個人的にはドサイドンを弱点を突かずに削ったり(弱保ケア)、サイコフィールド展開による先制技のシャットアウトができる点も非常に偉いと考えている。

今期もやっぱり構築に入ってきた、カッコかわいいビジュアル&超火力で相手をなぎ倒していく性能共に大好きな相棒です。

 

ー結果

TN ひかる    最終225位 レート1971 

TN Fei Rune、MaxAirstream 共に最終宇宙の果て

 

↓最高レート

f:id:Carbon_poke:20210601164603j:plain

 f:id:Carbon_poke:20210601164611p:plain

最終日朝8時半の時点で166位、ホームの最終更新過ぎてたのですが、データベース見る限り推定レート2001くらい。最終2桁ラインが2030くらいだったので、ここから2勝しようと思って潜り、見事2連敗して終わりました…

 

ー重いポケモン

ミミッキュ

カイリュー

バシャーモ

カミツルギ

テッカグヤ

アーゴヨン

・霊獣ボルトロス

・襷エースバーン

クレセリア、ピクシー、ランクルス

・陽気砂かきドリュウズ

ライコウ

・パッチラゴン

ペンドラーバトン

etc

 

重いと言いつつ基本なんとかなるけど、バシャーモペンドラーバトンだけは倒し方分かりません。

 

ーおわりに

 はじめて2000で保存せず、最終2桁ラインを目指して潜ってみましたが、上位プレイヤーとの差をとても強く感じました。

とはいえ、構築自体は必要なパーツを1体1体着実に埋めていった実感があり、過去最高の出来だったと思いますし、環境への刺さりも良かったと思います。「仮想敵単体ではなく、仮想敵が入った並びを対策する」ということを意識して組んだのが良かったのかもしれません。

適度に休息をとるなど最終日の潜り方も掴めてきたので、引き続き最終2桁を目指して頑張っていきたいと思います。

 

スペシャルサンクス

・欲張り怪電波サンダーの原案をくれたマキッぺくん

・夕凪杯で僕を拾って、チームリーダーとして引っ張ってくれた、frimyくん

・同じく夕凪杯でチームを組み、構築や立ち回りの相談にも乗ってくれた、きつねぽけくん

・本記事を書くにあたり掲載許可をくださった、れみさん

Twitterにてポチべをくださったすべてのフォロワーの皆様

 

【剣盾S14シングル】レヒレドサイサイクル[最終205位レート2006]

f:id:Carbon_poke:20210203004011p:plain


ーはじめに

初めましての方が多いと思います。どうも、かーぼんと申します。剣盾S7から本格的にランクマッチを始めました。今回は、剣盾ランクマッチシーズン14にて自身初のレート2000を達成できたので記事に残したいと思います。 

ー並び

f:id:Carbon_poke:20210202085503j:plain

 

ー構築経緯

環境トップのサンダーをどうしたら安定して処理できるかを考える所からスタート。サンダー受けとして最初はHDポリゴン2を考えていたが、ボルトチェンジで簡単に逃げられてしまうのが嫌だったのと、今期当たったサンダーの多くが怪電波持ちであり、時間切れまで粘られる展開が多発し非常に不毛であった。そこで今回はボルトチェンジによる交代を許さず、後出しからサンダーを迅速に処理できるドサイドンをサンダー受けとして採用し構築を組み始めた。

 

続けて、ドサイドンと相性の良い初手枠を考えたところ、ドサイドンの苦手なウーラオスやウオノラゴンに強い点や鬼火展開などをシャットアウトできる点を評価してカプ•レヒレを採用。

 

さらに、レヒレドサイドンだけだと高火力の草タイプ(カミツルギ、ゴリランダー)があまりにもキツいのでそれらへの回答となるサイクルに寄せたテッカグヤも採用。

 

ここで基本選出①の

「レヒレ+ドサイ+カグヤ」

が完成。

ドサイドンステルスロックテッカグヤやどりぎのタネで相手を削っていく戦術を想定した。

 

続いて、上記の基本選出以外にも強い勝ち筋が欲しいと考え、ステロと相性の良いエースバーンを採用。

ここで基本選出②の

「レヒレ+ドサイ+エスバ」

も完成。

ここではレヒレドサイドンでステロを絡めた最低限のサイクルを行なった後、エースバーンを通す戦術を想定した。

 

以上の軸 (レヒレドサイ+カグヤ/エスバ) が強力であり、8割方の試合でこの4体から選出をした。

 

残り2体は悩んだが、

ウオノラゴンが重かったのと、格闘の一貫切り、ストッパー性能、ダイホロウによる強引な崩し性能を評価して襷ドラパルト、

ゴーストの一貫切り、特殊の初手ダイマをいなす性能を評価してHDポリ2

の2体を採用し構築が完成した。

 

(※最終日急いで作ったので、構築(特に最後の2体)の完成度は低いです。)

 

ー個別解説

(採用順)

 

ドサイドンじゃくてんほけん(ハードロック・いじっぱり)

207(132)-187(76)-151(4)-×( )-104(228)-69(68)

じしん/ロックブラスト/ステルスロックつるぎのまい

ぽけっとふぁんくしょん!

 

エースとして運用もできるクッション。調整は一番使いやすかったクリフとさんの記事のものを拝借しました。

(↓参考にさせて頂いた記事。掲載許可もいただき、ありがとうございます!)

【ポケモンSWSH】ランクマッチシングルs12最終52位レート2113~NOTヌメルゴングッドスタッフ~  - ヌメルゴンは嫁 (hatenablog.com)

今期のサンダーは火力のない耐久型が多く、後出ししたら引かれることがほとんどだったため、そこにステロを選択し相手のサイクルに負荷をかけていきます。

(珠暴風が飛んできたら、たまーにそのままダイジェットで突っ込んでくる方がいたので、大人しく攻撃していました。)

エースバーンにも勝って欲しいので、持ち物は弱点保険。

サブウェポンは喉から手が出るほど欲しかったが、この技構成がとても便利であり、一つも切れる技がなかったです。

 

 

カプ・レヒレこだわりスカーフ(ミストメイカー・おくびょう)

145( )-×( )-136(4)-147(252)-150( )-150(252)

なみのりムーンフォースれいとうビーム/トリック

ぽけっとふぁんくしょん!

 

汎用初手枠。できることが本当に多くてとにかく重宝しました。

努力値のあまり4は、最初はSが上がる調整のウツロイド (C169) のヘドロウェーブを確定で耐えられるD4振りにしていましたが、途中で特化鉢巻ウオノラゴンのエラがみの乱数が動くB4振り(14/16で耐え→15/16で耐え)に変更。この理由は最終日鉢巻エラがみに受け出した無傷のレヒレが2回ほど一発で吹き飛んで唖然としたため。

 

 

テッカグヤ@たべのこし(ビーストブースト・ずぶとい)

193(164)-×( )-155(140)-128(4)-122(4)-106(196)

エアスラッシュかえんほうしゃやどりぎのタネ/みがわり

ぽけっとふぁんくしょん!

 

自身が詰め筋にもなれるクッション。ドサイドンやカプレヒレとの相性の良さもあり、滅茶苦茶強かったです。調整は一番しっくり来たぼのぼにさんがツイートされていたものを拝借しました。

(↓参考にさせて頂いたツイート。掲載許可もいただきありがとうございます!)

f:id:Carbon_poke:20210202223931p:plain

ナットレイカミツルギを迅速に処理するため、原案にあったまもるを切って、火炎放射を採用しました。ドサイドンが1000000%勝てないゴリランダー、カミツルギを見たら絶対に選出。あと、終盤流行っていた起点作成ラグラージは、クイックターンでこいつの身代わりを破壊できないため、基本的に餌です。

 

 

エースバーン@いのちのたま(リベロ・ようき)

155( )-168(252)-95( )-×( )-96(4)-188(252)

フレアドライブとびひざげりしねんのずつき/とびはねる

ぽけっとふぁんくしょん!

 

ヒレドサイのサイクルで場を整えた後に通すエース。ステロ+エースバーンが単純に強く、レヒレミストフィールドによる状態異常無視もあったため、全く止まらなかった。

技は命中安定炎打点の「フレアドライブ」、こいつは格闘タイプなので「とびひざげり」、ドヒドイデで止まらないための「しねんのずつき」、抜き性能を上げる「とびはねる」の4つで確定。ギガインパクトも欲しく、とびはねると悩んだが、昨今のスカーフウーラオスの増加を鑑み、とびはねるを選択した。

カバルドンラグラージランドロスあたりをエースバーンを展開する前にある程度削っておくのが非常に大事なため、立ち回りの上で一番意識した。

個人的に大好きなポケモンなので、今期はうまく使えてとても満足でした。

 

 

ドラパルト@きあいのタスキクリアボディ・ようき)

163( )-172(252)-95( )-108( )-96(4)-213(252)

ドラゴンアロー/ゴーストダイブりゅうのまいかえんほうしゃ

ぽけっとふぁんくしょん!

 

補完その1。普通の襷ドラパルト。相手の構築を見て、サイクルを回すのが厳しいと判断した時に行う対面選出の駒として働いてもらった。

軸(レヒレドサイ+カグヤ/エスバ)と比べて適当に放り込んでしまったのが反省点だが、襷とドラパルト自身の性能からやれることが多く、出しても腐りづらかったので補完としてはギリギリ及第点。

 

 

ポリゴン2@しんかのきせき(アナライズ・なまいき)

191(244)-101(4)-111(4)-126(4)-161(252)-72( )

トライアタック/ほうでん/れいとうビームじこさいせい

ぽけっとふぁんくしょん!

 

補完その2。ドラパ以上にめちゃくちゃ適当に放り込んだポケモン。(努力値からなんとなく察した方もいるかもしれませんが、ボックスにいた両刀ポリ2の流用です…)特殊の初手ダイマのストッパーにしたかったが、今期の初手ダイマ枠がボーマンダカイリューテッカグヤのような物理なのか特殊なのか判断がつかないポケモンばかりだったので結局自信をもって選出できなかった。こいつ出さなくね?って気づいたのが日を回ったくらいだったので、パーティの見た目が変わることを恐れて変えるのを躊躇ったが、どう考えても要らなかった。重いポケモンの対策をもっと厚くすべきだった。完全に戦犯。 

 

ー選出

〇レヒレ+ドサイ+カグヤ (基本選出①)

カグヤが刺さっている時はこれ。ダイマは割と状況次第で誰にでも切った。

 

〇レヒレ+ドサイ+エスバ (基本選出②)

今期はエースバーンが刺さっている構築が多く、この選出が一番多かった。よほどの事がない限りダイマはエースバーンに切る。

 

〇ドラパ+エスバ+@1

サイクルで勝てないときに出す対面選出。

 

その他は柔軟に対応。

 

ー重いポケモン

ライコウボルトロス、パッチルドン、ジバコイル、水ロトムetc

要するにドサイドンで見れない電気。こいつらがいた瞬間、サイクルを回すことを諦め、対面選出をすることが確定する。

 

•ゴリラドラン

激ヤバコンビ。レヒレゴリランダー対面、全人類初手レヒレに向かってゴリラで叩きを打ってくる (今思えばそりゃそう)。このため、受け出したテッカグヤの残飯が早々になくなり、回復が追いつかずサイクル負けする。

 

アローラキュウコン

最終日やたら当たったが無理。

 

ナマコブシ、ヌオー

カグヤ出しとけば倒されないがこっちも倒せません。無理。

 

•初手ダイマ特殊ボーマンダ

最終日2、3回ほど3タテされました。

 

他にも上げたらキリがないです…

 

ー結果

f:id:Carbon_poke:20210202085511j:plain


f:id:Carbon_poke:20210202085522p:plain

 

TN ひかる 最終205位レート2006

TN かーぼん 爆死

 

ー最後に

今期は、リアル事情で忙しく最終日4日前から本格的に取り組みはじめた+最終日に急遽構築変更+1ロム特攻というヤバい要素がてんこ盛りでした。

どうなることかと思いましたが、無事初のレート2000を達成できて本当によかったです。

ただ、急いで構築を作ったため、細部まで練り切れていない部分が多く、ちゃんと構築を煮詰められていればもう少し上にいけたかもしれません。軸が良い感じだっただけにすごく心残りです。

 

来シーズン以降は今シーズンの失敗も糧に、上位を目指して頑張っていきたいと思います。

 

(あと、リアル事情が少し落ち着いたので、通話とかを始めてみたいなあ…と思ってます。構築や調整の相談、その他雑談などをしてもいいよって方がいたら仲良くしたいです…。もしよければお願いします…!)

 

質問等あればtwitter (@carbon_poke) のDM等までよろしくお願いします。

それでは!